So-net無料ブログ作成

シンガポール・フライヤー [イベント・観光]

 今日は、シンガポールで数少ない祝日(Good Friday)。去年完成してシンガポールの観光の目玉の一つになった、観覧車(Singapore Flyer)に乗ってきました。初めて乗りましたが、これはけっこうお勧めです。
090410_ゴンドラ.jpg

(Singapore Flyer(頂上))

 観覧車といっても、ゴンドラ1つに20人くらいは乗れそうな大きなゴンドラで、ロンドンにあるLondon Eyeのような作り(London Eyeに乗ったことはないですが)。Marinaと呼ばれる湾岸地域の先端にあって、シンガポールの中心部と海を一望できます。すぐ隣には、今年末の開業に向けて建設が進むカジノ(Marina Bay Sands)の建設現場も。今日の天気はいまひとつでしたが、それでも十分楽しめました。

090410 SF_Center.jpg  090410 SF_Sands.jpg

(中心部)                   (カジノの建設現場)


 観覧車に乗ると、音声ガイドも同時に貸してくれます(日本語もある)。見える物をエピソードも交えながら解説してくれるのですが、コンパクトにまとめてあるわりに半年住んでいて知らなかったようなこともあって、なかなかよかったです。初めてシンガポールに来た人が、初日の一番最初にとりあえず乗りに来ると、景色を見ながらシンガポールの地理と歴史と社会が分かって楽しいと思います。特に、ホテルがMarina地域にある場合は目と鼻の先ですし。

 今日乗ったのは朝でしたが、人気があるのはおそらく夜。夜景もきれいでしょうね。ただ、夜になると見えなくなるものもあるので、観光で来るなら昼間の方がお勧めです。

 値段はS$29.5(2065円)と安くはないですが、半日観光ツアーに参加する代わりだと思えば、まあそれほど高くもないと言えるでしょうか。今はちょうど開業1周年キャンペーンをやっていて、オンラインで予約すると割引になったり、シンガポールテレコム(SingTel)の携帯電話を持っていると割引(土日は先着500名無料)になったりします(6月まで)。昨日始まったばかりですが、今朝10時過ぎに行ったら「SingTelの携帯で先着500名無料」にしてもらえました。

 なおこの観覧車、実はけっこう苦戦していて、最初の1年は年間の乗車目標人数に遠く及ばなかったようです。去年の末には数時間にわたって客を乗せたまま停止する事故を起こして、1ヶ月近く操業を停止するなど、安全面もやや不安あり。この事故を受けてバックアップ電源を整備するなどの補強を行ったそうですし、もともとが三菱重工製なので、今後は大丈夫!だといいのですが…。

090410 三菱.jpg

(ゴンドラ内にも三菱マークが)



nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は180日以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。